読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さなエンドウ豆

まだまだいろいろ勉強中

matplotlibで書いた図をD3で可視化

なんてったってPython

こんばんは、このブログも長いもので2ヶ月くらい続いています。当初は3日坊主で終わるのだろうと思っていたのだが、案外書くのが楽しくなった。 ここ最近はデータ分析というよりデータの可視化に力を注いでおり、D3.jsを使って大変スマートな図を描画する術を勉強している私ですが、読み込むデータ(主にcsv)を作る作業も必要なのでその部分は大好きなpython(pandas)を用いて行っている。 ここで俺少年は考えた。Pythonにもmatplotlibという図を描画する有名なパッケージがあるではないか! matplotlibでD3書けないかなー そんなこんなで探してみるとmpld3という便利なパッケージがあった。

mpld3

早速使ってみることにした。まずはmatplotlibで普段通りグラフなりを描画する。

import matplotlib.pyplot as plt, mpld3
import numpy as np

a = np.aragen(20)
plt.plot(a, a**2)
plt.grid()
plt.xlabel('x')
plt.ylabel('y')

次にplt.show()ではなくmpld3.show()とするとデフォルトでlocalhost:8888に図が描画される。  

f:id:h-piiice16:20160329234124g:plain

こんな感じです。gifでキャプチャしてしまった…

Pythonなんでもできちゃうなーすごい(ステマ