読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さなエンドウ豆

まだまだいろいろ勉強中

React-Dropzoneが便利

ドラックアンドドロップでファイルをアップロードしたい

最近?のWEBサービスではよくファイルをアップロードする際ドラックアンドドロップで行う場合が多い。
今回はそれを自分のサービスの中にも使いたいと思い実装してみました。

Reactにはそんな願いを叶える便利なコンポーネントとしてreact-dropzoneというものがある。
今回はこれを使って手っ取り早く実装することにしました。

React-Dropzone

実装したサービスの画面はこれです。 f:id:h-piiice16:20170423212401p:plain

ここにファイルをドラックアンドドロップで持っていくと、デベロッパーツールのコンソールにファイル名が表示されるサンプルを作りました。

実装のためにまずはreact-dropzoneをnpm経由でインストールします

npm install --save-dev react-dropzone

そして以下のようにコンポーネントを作成します。

import Dropzone from 'react-dropzone';
import React, {Component} from 'react';
import {render} from 'react-dom';

export default class UploadFile extends Component {

  handleOnDrop(files) {
    files.map(file => console.log(file.name))
  }

  render() {
    return( 
      <Dropzone
        onDrop={this.handleOnDrop}
        accept="image/gif,image/jpeg,image/png,image/jpg" >
          <div>
            Drag and Drop files Here!
            <p>format: gif/png/jpeg/jpg</p>
          </div>
      </Dropzone>
    );
  }
}

にはいろいろなアトリビュートが設定できるらしく、デフォで必要そうなonDrop(アップロード時の振る舞い)にコールバック関数としてhandleDrop()を、accept(受け入れるファイルの形式)に画像ファイルの形式を記述しました。

次回はアップロードされたファイルをサーバサイドにpostして保存するところまで行きたいと思います。